下園壮太さん監修「プチ認知療法」を購入してくわしく解説します。

 

 

・長年苦しんでいる「うつ病」を最短で克服できるって本当でしょうか?

 

・「認知療法」ではない「プチ認知療法」とはどんなものなのでしょうか?

 

うつ病に悩む女性

 

うつ病など、こころの病を改善していくためには、
自らの「考え方のクセ」を修正していくことが必要です。

 

当サイトでは、その「考え方のクセ」を修正できるようになるDVD教材
「プチ認知療法」をくわしく公開、解説していきます。

 

 

下園壮太さん監修の「プチ認知療法」を購入してみました。
プチ認知療法DVD一式 商品宅配パッケージ

 

※DVD教材は申込み完了後、3日目に宅配されました。伝票の品名欄には「DVD」とだけ書かれていて、中身が分からないように配慮されています。

 

 

ご訪問ありがとうございます。

 

このサイトでは心理カウンセラー・下園壮太さんが監修したDVD教材、
「プチ認知療法」を実際に購入して、DVDの内容、うつ病改善の方法(やり方)、効果などについて
出来るだけ詳しくご紹介していきたいと思います。

※ネット上には「プチ認知療法」を紹介しているサイトやブログはたくさんありますが、
実際に購入して、内容を確認したうえで紹介しているものはほとんどないように感じます。
当サイトではしっかり「プチ認知療法」DVDの内容を見たうえで出来る限り公正な視点でお伝えしていきたいと思います。
精一杯正確にお伝えしていくつもりですので、少しでも「プチ認知療法」を知る上でのお役にたてれば幸いです。

 

このページでは

・「プチ認知療法」の概略
・「認知療法(認知行動療法)」とはどんなもの?
・なぜ「プチ」認知療法なの?
・長年のうつ病でも本当に自分で改善できるの?
・ちゃんと続けていける方法なの?

 

・「プチ認知療法」DVDの詳しい内容と方法

などについてお伝えしていきます。

 

 

このサイトだけのプレゼントあります。

 

★ 特典のお知らせはこのページの一番下にあります ★

 

 

このページのちほどをゆっくりご覧になりたい方は、「お気に入り」に登録しておくと便利です。

 

 

教材の詳細をすぐに確認したい方は⇒ 
「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!【プチ認知療法】

 

 

 

「プチ認知療法」とはどんな教材?

 

 

【教材の概略】

自身もうつを経験し、リハビリ期のつらさをよく知っているメンタルカウンセラー・下園壮太氏が
人にはなかなか理解してもらえないうつ病のリハビリ期の不安や根気のなさを、
プチ認知療法で「気軽に」やり過ごし、プライドと自信をとりもどすために監修したDVD教材、
それが「プチ認知療法」です。

 

 

 

特典の数々 教材DVD2枚組み

左写真/ 教材DVD×2枚 収録時間約3時間
右写真/ 特典テキスト A4版 計68ページ

 

【動画教材の一部】

下園壮太 受講者の方たち セミナーのレジュメ

 

下園壮太さんプロフィール

 

下園壮太氏

鹿児島出身
NPOメンタルレスキュー協会理事長、同協会シニアインストラクター  
元・陸上自衛隊衛生学校心理教官

 

 

専門分野
カウンセリング、うつ、自殺予防、災害、事件、事故などの惨事対応、
メンタルトレーニング、リーダーシップトレーニング

 

<自衛隊内での活動>
平成 8年、陸上自衛隊初の心理幹部として多数のカウンセリングを経験
平成12年、防衛庁メンタルへルス検討会委員
平成13年、陸上自衛隊メンタルへルス担当としてコーチングやメンタルヘルス
  関連ビデオを作成。
平成21年、産経新聞社主管の「国民の自衛官」受賞
平成23年、東日本大震災時の派遣自衛官のメンタルヘルスに関する全般指示、
  及び現場での指揮官等への指導
自衛隊員の心の強靭化のためのプログラムの作成
平成27年8月 退職
<それ以外の活動>
産業カウンセラー協会の各支部でのクライシスカウンセリング、カウンセリングプロセスなどの講師
県や市などでのメンタルヘルス講演、ゲートキーパー養成講座の講師
大学院臨時講師など
NPOメンタルレスキュー協会のインストラクターとして活動

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへお進みください。

 

うつから脱出する

 

 

 

●「認知療法(認知行動療法)」とは?

 

うつ病やパニック障害などのメンタルな疾患の原因は、主に2つと考えられています。

 

1つは、肉体的なもの。
セロトニンやドーパミンといった脳内伝達物質が関係していることが分かっています。
そして、2つ目の原因…それが内面的なものなんです。
具体的にいえば、頭の中での「考え方」や、ひとつひとつの出来事に対する「認識の仕方」のこと。

 

靴ひもを結ぶ>

よく言われる例えなのであなたもご存知かもしれませんが、
仮に、あなたが外出する直前に靴ひもが切れたとします。

 

この「靴ひもが切れた」という出来事に対して、
「切れたからヒモを変えなくちゃ」と、単なる現実として受け入れる人もいれば、
「出かける直前に切れるなんて、今日はなんだか不吉だ…
何か悪い事が起きなければいいけれど…」と感じる人もいる。

 

「あー、紐が切れるのが出かける直前で良かった!
出かけてから切れてたら大変なことになってたもんな。
今日はツイてるに違いない!」と前向きにとらえる人もいます。
(そこまでポジティブな人は少ないかもしれませんけれど・・・)

 

つまり、ひとりひとり、現象の受け取り方によって、
感情の動きは全く別のものになってくるんですね。

 

「靴ひもが切れた」という事実に違いはないのに、
特別な感情も持たず、単なる出来事として捉える人もいれば、
ネガティブに捉える人も、ポジティブに捉える人もいるというわけです。

 

どの受け止め方をするのが最もストレスが少ないかは想像がつきますよね。

 

前向き

ですが、うつ病などのメンタル面での悩みを抱えている方の多くは、
とても真面目で責任感が強く、神経質な人が多いといわれています。

 

真面目だからこそ、いつも「最悪の事態」を想定し、
それに備えようという気持ちが強くなって、
どうしても物事に対する考え方がネガティブな方向になりがちなんですね。

 

「認知療法」で大切なことは、そうした考え方のクセをコントロールし、
ストレスや悪い思い込みによる精神の落ち込みを改善していくことにあります。

 

下園壮太さんの「プチ認知療法」を知ると、うつ病に苦しむ方たちの
ついついネガティブになりがちな「考え方」や「認識の仕方」を、
いつでも、自分の力でポジティブな方向に修正できるようになります。

 

一度、この方法を知ってしまうえば気持ちがすっと楽になり、
「うつ」になりやすい自分の気質そのものが自然に修正されていきます。
しかも「プチ」なので、気軽に取り組めるし、難しくもないんですね。

 

※「ブチ」ではない、本来の「認知療法(認知行動療法)」について
もう少し詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

 

 

●なぜ「プチ」認知療法なの?

 

すでに「認知療法」を受けている方、体験した方もいらっしゃるかもしれません。

 

通常の「認知療法」は、うつ病改善のために広く用いられている治療法なのですが、
下園壮太さんが提唱しているのは「プチ認知療法」です。

 

プチとは「小さい、小型の、小規模な」といった意味。
つまり、本格的な認知療法ではなく、少し気軽に取り組める認知療法、
といった意味で考えておけばよさそうです。

 

「え?本格的じゃないってことは効果もプチなんじゃないの?」と思われたかもしれませんが
プチに込められた意味はそういうことではなさそうです。

 

私が教材の内容を見て理解した「プチ」の意味あいは、

・学術的に認知療法を勉強するわけではない
・理屈ではなく、本当に効果のあったもの
・実践した方たちの評判が良かったもの
・無理なく、日常生活の中で続けられる方法

だけに的を絞った認知療法だと感じました。

 

実際に認知療法を経験した方ならお分かりだと思うのですが、
一般的な認知療法は、「悪い認知」を見つけだしたら、
それを自らの努力と意志の力で「正しい認知」に変える必要があります。

 

そして、「悪い認知」「考え方のクセ」を修正していく過程では、
過去のツラい体験を思い出したり、それに正面から向き合う覚悟も必要です。

 

こうしたことは、メンタルが強い人でもかなりのエネルギーを必要とするものですから、
うつという精神状態の中ではかなり気持ちに負担のかかるものですし、
これがツラくて認知療法を続けられないという方も多いんです。

 

セミナーでの下園氏

 

一方、下園さんの「プチ認知療法」の方法は
「強い意志の力で認知を変える」という一般的な考え方ではなく、
ある課題を気軽にこなしている間に、自然に認知の改善が進んでいくというノウハウなんです。

 

認知というもの、本来はただ「意識しただけ」で変えることが出来るものではなく、
一つのテーマに沿った作業を何度も何度もくり返しながら定着させていくものなんですが、
うつ状態の中では根気が続きませんから、三日坊主になってしまうのが当たり前ですよね。

 

だからこそ、一つのテーマの作業や訓練にこだわることなく、
気軽に取り組める「日替わりのメニューの訓練」に取り組んでいく方が、根気を必要とせず結果的に長続きする、
というのが下園さんの結論なんです。

 

そこで生まれたのが「手軽で」「数をこなせて」「失敗したって構わない」複数のプチ訓練を組み合わせた
「プチ認知療法」というわけなんです。

 

これなら自分を苦境に追い込む必要が全くありませんから、
ツラい思いをすることないですし、だからこそ日常の中で続けていけるんです。

 

また認知療法に取り組む中でやるべきことが多すぎると、
うつに苦しむ方は「真面目で」「几帳面な」性格だけに、
全てをきちんと消化しようと努力すること自体が新たなストレスになってしまい、
よりいっそう症状を悪化させてしまう、ということも考えられます。

 

だからこそ「プチ認知療法」は、初めから
「全部やる必要はない」「やりたいものだけやればいい」という考え方。

 

下園さんは、難しい理屈はとりあえず横に置いておいて、
苦痛もなく、取り組みやすく、実際に効果性が高いものだけに的を絞ることに
力を注いだということが感じられました。

 

 

●本当に長年のうつ病でも「最短で」効果があるの?

 

販売ページに掲載されている購入者の感想や口コミを見てみると、
10年以上のうつ病から解放された、という声も数多く見受けられます。

 

なにより、下園壮太さんご自身がうつ病に苦しんだ経験をお持ちですし、
この教材を販売している潟ニネットの前田社長も、
下園さんの指導で10年以上にわたるうつを完全に克服したといいます。

 

うつ病克服

 

ただ、そうは言っても「うつ」は人のメンタルに関わることですから、
当然個人差はあるでしょうし、絶対治るとか100%効果があるといえるものではないはずです。

 

もしそんなことを言えば、薬機法(旧薬事法)や景表法などの法規に触れることになりますから、
問題あり、といわれてしまいますからね。

 

また販売ページにある「最短」という表現についても、最上級表現に当たるので
本来は広告で使うことがあまり好ましくない表現なのですが、
上でも申し上げたように「無駄を省いて、本当に効果のあった方法だけに的を絞った」という意味で
最速を謳っているのかな、と理解しています。

 

くり返しになりますけれど、
これまでに多くの方がうつ病改善に成功してきたという「プチ認知療法」ですが、
それでも「絶対に効果がある」ということはないでしょうし、
「たまたま自分には合ってなかった」ということだって考えられます。

 

ですから、そういう時のためにこそ用意されているのが「返金保証」です。
もし「プチ認知療法」に興味があるけれど迷っているということであれば
まず試してみて、効果がなければ返金してもらうという考え方もできますからね。

 

しかもこの教材の返金保証は「365日間」「無条件」の返金です。
一応6ヶ月以上試したことが条件にはなっていますが、
どれくらい真面目に実践したかを訊ねられることもありませんし、返金の理由を問われることもありません。

 

たった一通、返金希望のメールを送るだけで手続きは完了してしまいます。

 

極論すれば、購入して内容をしっかり実践してうつ病を改善できたにもかかわらず
「返金してください」ということだってできてしまうのです。(人道的には論外ですが)

 

ここまでハードルの低い返金条件にしているということは
いかに下園さんがこの教材の内容や効果に自信を持っているかの表れだといえるのでしょう。

 

一年間試して満足できなければ返金を要請すればいいのですから、
「一年間はただで試せる」という考え方もできますからね。

 

 

●集中力に欠ける自分にもちゃんと続けていける?

 

ひとり思う

 

これも先にお伝えしたように、難しい理屈は最小限に抑え、
実践しやすく、効果の出やすい方法だけに絞って解説されていますので、
ほかのどんなうつ病改善教材より気軽に続けやすい内容になっています。

 

私もこれまで「食事療法」「EFT」「一般的な認知療法」など、複数のうつ病改善教材を見てきました。
効果についていえばもちろん個人差があるでしょうが、
「続けやすさ」という点でいえば「プチ認知療法」が間違いなくトップだと思います。

 

精神的にツラい状況の中で、難しいテキストを読んで理解するのは苦痛なことですが、
この教材はDVDですから、極端な話、精神的にツラかったり集中できないときは
難しいことは考えず「ボーッ」と眺めているだけで気分をすっとラクにしてくれます。

 

これは実際にDVDの中身を見ていただければわかるのですが、
下園さんの語りそのものに癒し効果が相当ありますからね。

 

もちろん、続ける努力が「ゼロ」とは言えませんが、
続けられない理由をできるかぎり排除した教材だと実感しています。

 

 

プログラムの詳細を確認したい方は⇒ 
「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!【プチ認知療法】

 

 

 

 

下園壮太さんの「プチ認知療法」DVDの内容と方法(やり方)

 

 

では、続いて、下園壮太さんの「プチ認知療法」の
2枚組DVDの内容をお伝えしていきたいと思います。

 

2枚組DVD

 

●DVDの内容は、下園さんがうつ病経験を持つ方、現在うつ病に苦しんでいる方を前に、
実際に行ったセミナーの内容を収録したものです。

 

●セミナー内で使われた資料は特典集の中に全て収められていますので、
手元に資料を置きながら、実際にセミナーを受講しているのと同じ環境になりまし、
とても分かりやすい資料なので、いっそうセミナー内容が理解がしやすくなります。

 

●DVDは2枚合わせて3時間程度のボリュームがありますが、
ひとつひとつのチャプターは10分程度に区切られていますから、
集中力が続かないという方でも無理なく進めていくことが出来ると思います。

 

●全体を通して、下園さんの落ち着いて安心感のある語りのトーンは
見ているだけで気持ちを軽くしてくれるものだと感じました。

 

 

では、早速DVDの内容を見ていきましょう。

 

 

DISC1 

 

うつの症状に苦しんでいる方なら、すでに通院したり、カウンセリングを受けたり、
あるいはご自分でいろいろ調べて、うつ病に関する知識はたくさんお持ちになっているかもしれません。

 

でも、ここで下園先生が指摘しているのは
「その知識が、うつを改善するのにプラスに働く知識なのか」ということ。
ただ不安感や絶望感をあおるだけの知識だとしたら、それは必要のないものですよね。

 

ここでは、同じ知識であっても、うつ改善にとってプラスになる知識、
そしてプラスになる知識の受け止め方を知ることになります。

 

「いろんな形のうつ状態」編

 

「いろんな形のうつ状態」編1 「いろんな形のうつ状態」編2

 

ここでは、セミナー参加者の皆さんが
うつの体験や自分の過去、症状などについてざっくばらんに告白しています。
また、下園さんも自身のうつ体験について話されていて、
参加者、そしてDVDを見る方との間に共通認識が生まれていきます。

 

苦しんでいるのは自分だけじゃない・・・そう思わせてくれる冒頭部分です。

 

 

「うつ状態をどう理解すれば回復に近づくか」編

 

「うつ状態をどう理解すれば回復に近づくか」編

 

うつ病は原始時代からあったはず。
でも、原始の頃のうつの原因は、生きるか死ぬかという
「生命の危険」というストレスから発生したものなんです。

 

一方、現代人のうつの原因は「蓄積疲労」。
とくに発症前の一年間ほどで様々な精神的な疲労やストレスを
ジワジワとためこんでしまい、それが結果的に
うつを発症させる引き金になっているんですね。

 

蓄積疲労は気付きにくいだけに、誰もが明確な原因を特定できませんし、
「そういえば…」「思い返してみれば…」という感じで、
後々になってぼんやりと原因らしきものがわかる、というものです。

 

だからこそ、ここで強調されているのは
「うつ病になるのは、あなたが悪いわけじゃない」ということ。
あなたの性格でも、血筋でも、育てられ方の問題でもないということなんです。

 

精神的な疲労、というのはエネルギーの「消費」と「回復力」のバランスで決まります。
エネルギーを消費するばかりで回復が追い付かなければ
精神の疲労はどんどん蓄積されていくばかりです。

 

では、精神的な疲労を蓄積させないためにはどうすればいいのか?
その「疲労を感じないシステム作り」の方法が、ここで詳しくていねいに解説されているんです。

 

 

「うつ状態から回復するための作戦」編

 

「うつ状態から回復するための作戦」編

 

ここまでで、うつを改善するための基礎知識が身についているのですが、
この「うつ状態から回復するための作戦」編では、
実際にうつを治すための心構えが伝授されます。

 

現代人は多かれ少なかれ、日々ストレスを受けながら生きていますよね?

 

でも、それなのに
「うつになりやすい人」「悪化しやすい人」「治りにくい人」もいれば、
「うつになりにくい人」「悪化しにくい人」「治りやすい人」もいます。
その違いはいったいどこにあるのでしょうか。

 

ここでのキーワードは「子どもの心の強さ」です。

 

うつ病になりにくい人は、無意識に「子供の心の強さ」が優位に働いているんですね。
子どものような心の強さと、大人のしなやかな心を持ちあわせることで
うつに立ち向かう力が備わりますし、この先もうつになりにくい気質を手に入れることもできるんです。

 

うつに向かいやすい思考を、子どもの心の強さで思考するとどうなるか・・・?

 

子どもの心の強さは、うつ的な考え方を拡大させない魔法のアイテムであり、
しかも、認知療法に一番ぴったりマッチした思考法でもあったんです。

 

ここに「プチ認知療法」の最大のノウハウが詰め込まれています。

 

ここでは「認知療法が失敗するパターン」についても説明されています。
「うつのリハビリ期は、ちょっと苦しい」だけど「新しい自分になれる大チャンス」ととらえれば
誰でも失敗することなく「プチ認知療法」に取り組んでいけるんですね。

 

 

DISC2 

 

DISC1で、うつに対するプラスの知識や考え方、
そして「プチ認知療法」を成功させるための作戦を身につけることが出来ました。

 

続いてDISC2は、うつ改善に向けた具体的な「訓練」が紹介されています。

 

 

「うつ状態から回復するための訓練」編

 

 

「うつ状態から回復するための訓練」編1 「うつ状態から回復するための訓練」編2

 

「訓練」なんていうと、ちょっと身構えてしまいますが、
「簡単なワーク」と「日常のちょっとした心掛け」と考えていただいていいと思います。

 

ここでのテーマは「ゆったリズム」です。

 

文字どおり、日常の生活の中で、
焦らず、ゆったりとしたリズムで行動したり考えたりしようというものですね。

 

ゆったり・・・というのは、自分が疲れないペースを見つけようということ。

 

実際にセミナー参加者とともに公園に出て、ゆったリズムでの行動を体験してみたり、
うつ改善のための呼吸法を試すためのイメージ映像を見たりします。

 

軽く体を動かすエクササイズ

呼吸法も、通常の教材だと
とても難しい瞑想のような呼吸法を教えられてしまうのですが、
下園さんの方法は、もっとシンプルで無理のない方法でした。

 

これなら、普段の生活の中でも無理なく取り入れることが出来そうです。

 

また、軽く体を動かすエクササイズも紹介されているんですが、
これは「ちょっとイヤな気分になってきたな」と
不安を感じた時に試してみると、気分をすっとラクにしてくれる
即効性がありそうです。

 

 

プログラムの詳細を確認したい方は⇒ 
「うつ病」の悪循環から独力で脱出する新しい考え方!【プチ認知療法】

 

 

では、次のページではこの教材をホンネで評価・口コミしていきます。

 

次のページへ→ 「プチ認知療法」ホンネの評価と口コミ

 

 

ページの先頭へ戻る

 

当サイト限定の特典付きお申込みは・・・

 

このページ経由でお申し込みの方だけに

 

特別なプレゼントをご用意させていただきました。

 

 

特典セットの内容、特典のお受け取り方法はこちらでご確認下さい。

 

特別プレゼントを確認する

 

 

お申し込みはこちらのボタンから公式サイトへ

 

うつから自力で脱出する

 

 

「プチ認知療法」に取り組んでいる方の口コミ情報

 

 

実際に「プチ認知療法」を購入して実践されている方からの生の口コミをご紹介します。

 

本来の認知療法は「自分の認知の間違いに気づき,知力でそれを変えていく」というものですが,
「認知の間違いに気付く」という部分までは手順がしっかりと解説されている一方
「その間違い、誤りを正す」という部分の手順を明らかにしているものはほとんどありません。
他のノウハウやネットの情報を探しても、このリハビリ期の手順がほとんど見つからないのが不思議です。

 

そのために「間違っているのはわかるけど、変えることが出来ない」というジレンマに陥り
かえってうつを悪化させたり、自信を喪失させるかもしれないという危険を持っているのが通常の認知療法だと思います。

 

そうした危険や苦しみを避けて、うつのリハビリ期の自己療法として
取り組みやすく続けやすいトレーニングをまとめたものが下園さん独自の「プチ認知療法」でしょう。

 

10種類以上のプチ認知療法の訓練が解説されていますが,イメージトレーニング的なものだけでなく,
体を動かすもの、目標を設定してクリアするもの、発想を変えて認知を変えていくものなど、
幅広く「プチ」なトレーニングが用意されていました。

 

イメージトレーニング的なものは、自分の内面に向き合う必要があるので症状が重く、気力がない時にはちょっとしんどいかもしれませんが、
そんな時は体を動かすものや発想トレーニングなどをこなすようにしています。

 

全てを完璧にやる必要はなく、出来ることを出来るときにやればいいというスタンスなので
無理やストレスなく、コツコツ続けていけると感じています。

 

 

下園壮太さんのDVDは以前から気になってはいましたが 結局何年も買わずにいました。

 

私もこれまでに「うつ」に関する本などを数多く見てきましたが、
「プチ認知療法」の考え方はとてもシンプルでわかりやすく、
本質的な部分で「うつ」を捉えようとしているな、と感じました。

 

巷には表面をなぞっただけの内容の本や、ネットで十分知ることが出来る情報だけで書かれた本が多い中、
下園さんの示している具体的な内容は一味違うとすぐに気づきました。

 

基本的には「そんなに頑張らなくていいよ」という無理のない取り組み方が土台になっていますが。
その「頑張らなくていい」方法を、これでもかと具体的に示してくれていると思います。

 

認知療法の問題点や解決策が示されているので、なぜ「プチ認知療法」が効果的なのかも納得できましたし、
集中力が欠けている状態でも、楽しみを感じながら取り組んでいけると思っています。
個人的にはこの値段でここまでの内容なら買って損はなかったです。

 

 
ご購入者様の感想レポート等はこちらからお送りください。

 感想リポート投稿フォーム

●ご購入後の不具合、返品、返金などの連絡は当方では対応出来ません。販売者へ直接お願いいたします。
●ご記入いただいた個人情報は、米国シマンテック社のSSL技術で暗号化され、完全に安全に処理されます。

 

 

サイト登録宣伝無料AUL 無料相互リンク